tommy24july blog 

タスク管理や仕事術、組込みソフトウェアに関することを書いています。 名前:tommy24july / ウナギオウ twitterアカウント→@unagiou

2019/12/06 途中経過・イシューから始めよ

こんにちは。

今日は、「イシューから始めよ」の途中経過について書きます。


最近、安宅和人・著「イシューから始めよ」を読んでいます。

イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」

イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」

  • 作者:安宅和人
  • 出版社/メーカー: 英治出版
  • 発売日: 2010/11/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

先日のブログにこの本を読むと書きまして、今回はその途中経過を書きたいと思います。

課題解決に沿わないAI導入が散見

最近の人工知能・AI導入について、課題解決に沿わない事例が多いと言われており、どうやったら課題に沿う形になるのかと考えておりました。

そうしたらその答えがこの本にあったように思います。

この本ではタイトル通り「イシューを明確にすること」を求めています。

そのときに、漠然とした抽象的なものだと、時間的にも知識的にもリソース的にも解決策が見つからなくなるため、詳細な部分までイシューを砕くことを要求しています。

その上で、大まかな情報収集をした上で仮説を作ってストーリーラインを組み立て、その仮説が正しいか分析を行ない結論を出す。

こういった流れになります。

結局、うまく行かないAI導入プロジェクトは、仮説の作り方がうまくできていなかったり、ストーリーラインの組み立てが甘かったりしているように見えます。

「イシューから始めよ」は、途中までしか読めていませんが、いろいろと考えさせられる要素が見えてくるので、今後も読み進めていきます。


では、また。